好評だったシーズン4に続き、待望のシーズン5がスタート!

『WWE SuperCard』の新シーズンがまもなく登場します。我々は今回、ゲームをさらに進化させるため、これまでの歩みを振り返りました。そして自分たち自身に挑み、ゲームを土台から見直し、ゲームの進め方や試合と試合の合間の過ごし方に直接影響する部分を洗練させました。トレーニングからメニューに至るまで、ゲームのレスポンスと満足度を高めること。それがシーズン5最大の目標です。

カード階級の見直しは、この目標の実現に大きく貢献しています。Hardened以上のカードをドラフトボードからつかみ取るのは、たとえばコモン(Common)やレア(Rare)のカードをつかみ取るのに比べて、改良(Improve)メニューやカード選択(Card Select)メニューで数値が増減するのを眺めている時間が短縮されます。これにより、より有益なカードを手元に揃えられるだけでなく、プレイに使える時間も長くなります。これによって、シーズン2のコモン「ドルフ・ジグラー」(Dolph Ziggler Common)のようなレガシー(Legacy)カードがシーズン5のドラフトボードに登場することはなくなりますが、それと引き換えに得られる快適なプレイ環境は非常に効果的なものとなっています。

同じ理由から、シーズン5では他にも以下のような見直しが行われています...

- 強いカードが優先される、完全に新しいMyCardsメニュー。すべてがより明快でシンプルになるように見直されており、重要なカードをすばやく見つけることができます。このメニューは過去4年以上ほぼ同じ状態のままでしたが、見直すべき頃合いに来ていたので大きく変化をさせました。

- カードの選択やモードの切り替えをすばやく行えるようにすることに主眼を置いてデザインされた、まったく新しいメインメニュー。ユニコーンも含まれています。

- 3種類の異なるチャンバー(スタンダード・フュージョン用、レガシー・フュージョン用、プロモーション・フュージョン用)を持つマルチフュージョンチャンバー。ホリデー・プロモーション期間中にチャンバーが1つしかないのは不便だとのご意見をいただいていたので、フュージョンチャンバーの機能を分けました。

- カードカタログの見直しにより、集めたカードがコレクションとして一目でわかるようになりました。『WWE SuperCard』の醍醐味は何と言ってもカード集めですが、これまでのカタログはコレクションを披露するのに向いていませんでしたが、これからは違います。(と、我々は思っています)

もちろんカードのことも忘れるわけにはいきません。

シーズン5では、ゴシック(Gothic)、ネオン(Neon)、シャッタード(Shattered)という3種類のカード等級が新たに導入されます。各等級がどのようなものかは名前から見当がつくのではないかと思いますが、これらのカードは『WWE SuperCard』史上最もダイナミックで、テーマごとに工夫を凝らしたものになっています。たとえばゴシック・プロ(Gothic pro)は、手前ではロウソクが揺らめき、背景ではコウモリが飛びまわっている、不気味な雰囲気のカードです。3つのカード階級すべてを合計すると、新しく追加されるカードは250種類以上に及び、その中にはEC3、リコシェ、キャンディス・レラエなど、はじめて『WWE SuperCard』に登場するスーパースターも数多く含まれています。

シーズン5のテーマをさらに強化し、それと同時にゲームをより楽しいものにするため、コンテンツはシーズンの全期間を通じてアップデートされつづけます。12月にはRing Domination、Road to Glory、そしてLast Man Standingを補完する新イベントの追加が予定されています。また、ホリデー・プロモーションなどが実施されることもありえるので、どうぞご注目下さい。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。発売から4年が経過した今も、このゲームに対する私たちの情熱は変わりません。皆さんもきっと同じでしょう。今後もSNSやフォーラムで皆さんのご意見やご感想をどうぞお聞かせください。